♦共同企画開催/メンバー脱退のお知らせ

9/18@渋谷GARRET、9/24@今池3starにてEmily Sugarとの共同企画を開催いたします。

また、今回の企画をもってVocalのKizukiとDrumsのRIKUが脱退いたします。


下記にて本人、Give Nothing Backよりコメントがございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
日頃からGive Nothing Backを応援して下さっている皆様。今回このような発表となりまして申し訳ございません。

何度も自問自答を繰り返し出した答えです。

ファンの皆様や日頃からGive Nothing Backを支えて下さっている方々、そしてメンバーの期待を裏切ることになってしまい本当に申し訳なく思っております。

このような決断をしたのは「音楽が心の底から好きだ」という大切な気持ちが自分の中から薄れていっていることに気付いたからです。

自分の意識上では音楽が好きで歌うことも好きなのに、自分の深い潜在意識的な部分で音楽という熱が冷めていっていることに気付きました。

昔強く憧れて何度も見ていた好きなバンドのライブ映像やミュージックビデオを見ても何も感じなくなっている自分がいました。普段音楽を聴くという習慣もいつの間にか少なくなっていました。

そんな自分に気付いても、人生で1番と言えるくらい心の底から尊敬している大好きなメンバー達と大好きなGive Nothing Backの音楽を続けたいと思っていました。

しかし本気で音楽が大好きな人間達が集まっている中、このまま歌っていくことは仲間、ファンの皆様、支えてくれてる方々、そして自分自身にとって「良くないこと」だと深く考えた末に今回の決断をしました。

本当に申し訳ございません。
そして本当にありがとうございました。

僕はGive Nothing Backに加入したことで、普通に生きているだけでは得られないような、かけがえのない一瞬一瞬を過ごすことが出来ました。心の底から尊敬が出来て本当に出会えて良かったと思える人間達が集まったGive Nothing Back。こんなカッコいいバンドで歌えて僕は凄く幸せでした。

9月18日、9月24日の自主企画をもちまして僕は
Give Nothing Backを脱退となりますが、最後の最後まで本気で歌います。

本当にありがとうございました。

Vo. Kizuki

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何よりもまず、応援してくださっていたファンの皆様
関係者の方々に突然のご報告となり、申し訳ありません。
Dr.のRIKUです。

バンドを抜けるということ
何かをやめることにはすごく勇気がいります。
今回僕がこのような決断をしたのも
勿論簡単に決めたことではありません。

僕がライブハウスに通い始めたのは高校2年生の春。中学校でストイック過ぎる音楽漬けの日々を過ごしてきた反動で、高校生になってから軽音楽部に所属しているだけで音楽に本気で打ち込めなくなっていた自分を変えたくてライブハウスに通い
そこでGive Nothing Backのメンバーに出会いました。

その後Give Nothing Backのドラマーになった高校2年生からの3年間は
楽しい時間も喜びも、辛かった時も全て含めて
僕の人生において幸せ過ぎる時間でした。

今回脱退を決意した理由としては
現状の活動に満足できてない自分がいること。
もっと今後の人生において自分のやりたい事に正直になりたいと思ったことが一番の理由です。

昨年前任のVocalを解雇してから半年ほどステージに立てなく、新Vocalが加入後もそんなに簡単に現状を立て直すことはできず
このままで大丈夫なのかと悩んだ事は少なくなかったです。
先日20歳になった際に自分の人生を振り返り、今後の自分の人生ついて考えた時に
今のGive Nothing Backを続けることが自分の道ではないと思ったのが正直な気持ちです。

様々なタイミングが重なり急ではありましたが今回の企画でバンドを去る事を決断しました。

僕がこの話をメンバーにした時
引き止めるような言葉は言われませんでした。
自分が去る事でドラマーがいなくなりどうなるのか、残るメンバーに対し罪悪感を感じていたけれど
“RIKUがいなくなってもバンドはできるし、俺は1人になっても音楽を続ける。だから責任を感じないで。”
そう言ってもらえて心の底から幸せでした。
誰かいなくても自分は音楽を続ける。
続けられる。と言われて
強い自信と信念を持ったメンバーだったと改めて再確認出来て、このメンバーとバンドができて間違い無かったと心から思いました。

今後の音楽活動に関しては
既に考えています。
しばらくは水面下での活動かもしれませんが
ドラマーとしてサポートやレッスンなど
できる事はやりたいと思っています。

僕は音楽をやめる事はないし
いつになるかはまだわからないけれど
絶対にステージに立ちます。
なのでGive Nothing Backを辞めてもさよならではないです。またね!って感じです。

その時には是非会いに来てくれたら嬉しいです。

最後になりますが
今まで3年間、応援してくれた皆様
本当にありがとうございました。
これからも僕を、そして他のメンバーの応援をよろしくお願いします。

9/18渋谷GARRET、9/24今池3starで待っています。

Dr.RIKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつも僕たちGive Nothing Backを応援してくれている皆様、驚かせてしまい申し訳ありません。

今回発表されたように、現在出演が決定しているライブをもちましてVo.kizki並びにDr.RIKUが脱退することになりました。

バンドを去る原因はそれぞれのコメントから直接明言されていると思うのでここでは省略させていただきますが、彼らの人生を彼らが決断したことなので、今後どういった活動をするにあたっても応援したいと思っています。

これから僕達4人は明確なビジョンの元、また新たな仲間を迎えこれまでできなかったことにも挑戦し、100%自分たちを表現できる音楽性・スタイルを発信していきます。

かわらず応援・サポートしてくださっていた関係者の皆様、ファンの皆様、これまでも紆余曲折あり”またか”と失望や、裏切ってしまうという結果になってしまったかもしれません。一度信頼を失ってしまったものをまた一から取り戻すことが難しいとは承知していますが、これからも行動で少しずつ恩返ししていけたらという思いで、解散・活休という形はとりません。

少しの間ライブ活動はできませんが、1日でも早くステージに立ち、また生まれ変わった僕達の姿を通してお礼をいわせてください。

人生何もかもうまくいくよりも、このくらい壁だらけの方が僕らにはあっていると思うのでめげずに走り続けます。

また音楽を心から愛していると改めて認識することもできました。応援してくれているファンの皆様、関係者の皆様、家族のみんな、いつも本当にありがとうございます。口で言うのは簡単ですが、必ず恩返しできるように精進いたしますので、今後もよろしくお願いします。

Give Nothing Back